admin  

土地探しはどうやって始める?おすすめのアプローチ2選


住みたい地域を探索する

この地域に住みたいという希望があるなら、その地域に行って探索するのがおすすめです。土地探しを始める段階ではどのような土地があるのかを具体的に見てみないとイメージをつかめないでしょう。住みたい地域を実際に見てみると売りに出されている空き地が見つかることがよくあります。土地の広さや状態などがわかるだけでなく、周囲にどのような建物があるかも具体的にわかるのがメリットです。駅に近いところに住みたい、スーパーやコンビニから徒歩圏内の土地が良いといったときにも自分で探索してみればはっきりとわかります。一般的には売地などと書かれた看板が立っていて、販売をしている不動産会社の連絡先が書いてあります。そのため、魅力的な土地が見つかったらすぐに相談を始めることが可能です。

地元の不動産会社に相談する

土地探しをするときにはいずれにしても不動産会社による仲介を受けることになります。土地探しでおすすめのアプローチとして、住みたい地域の地元の不動産会社に相談する方法も挙げられます。地元に詳しい不動産会社に話をしてみると、希望に合う土地を選び出しやすいのがメリットです。平穏な環境が良い、治安を重視したいなど、様々な希望に応じて適切な場所を選んで土地を紹介してくれます。周辺の写真も見せてくれることが多く、具体的なイメージをしながら比較検討することが可能です。福祉や保育、教育などに関する情報も提供してもらえるので、住むのに適した地域を厳選しやすいのも魅力でしょう。すぐに仲介を依頼できる点でも優れている方法です。

ただ単に駅から近い所が良いという理由だけで、土地探しを進めていくと失敗の元になります。駅から近い、遠いという立地場所によって土地の値段が変わるので、予算などの様々な条件を先に練ることが大事です。