admin  

賃貸にはどんな種類がある?独身者や家族が暮らせる物件の違いを紹介!


単身・独身者向け賃貸の特徴とは

日本にはさまざまなタイプの賃貸アパートがあります。アパートの種類には大きく分けて、単身・独身者向けのアパート、カップル向けのアパート、家族向けのアパートの3種類があります。中でも単身・独身向け賃貸アパートは、一人暮らしのできる部屋を借りようとしている単身赴任や独身の人を住まわせるための物件です。

全国にまだ少ないルームシェアができる物件ならオーナーの許可があれば同じ建物内に部屋を借りるルームメイトを一緒に住まわせることもできます。他の入居者と同じ建物に住むかどうかを選ぶことができるので、自由度の高い賃貸物件といえるでしょう。ルームシェアの場合、通常の賃貸より費用が安い傾向にあり、そのかわり他人と空間を共有するというデメリットがあります。

複数の人が暮らす賃貸の特徴とデメリット

カップル向けや家族向け賃貸は他人と部屋を共有する必要はありませんが、身内が一緒に住みます。それを前提に一定のスペースを確保することが必須です。例えば、家族向けのアパートであれば、最低でも3~4つ以上のベッドの寝室とリビングスペースがあることが求められます。それに合わせて部屋を選び、自分のニーズに合わせた間取りを探す必要があります。

もちろん、生活の仕方には価値観がそれぞれあるため、一定の基準はありません。しかし、一緒にするための物理的なスペースがないと暮らすことは不可能です。そのため、ルームシェアするのか、一人で済むのか、あるいは複数人で済むのかによって、必要な賃貸物件の条件は大きく変わるのです。

学生向けの千歳の賃貸物件を探すなら、学校までの直線距離が一目で分かるように表示された物件情報のサイトがあります。