admin  

注文住宅の間取りは生活動線で考えよう!快適さを取り入れるために


注文住宅の間取りで失敗しないために

注文住宅を建てる時には、自由に間取りを決めることができますが、実際に住み始めると不便な点が浮きだって失敗してしまう方も少なくありません。間取りで失敗しないためには、まずは家族の生活動線を考えておきましょう。生活動線を把握しておくと、家族がどの部屋をよく使い、行き来する道を知ってから間取りを決めることができるため、利用することの多い部屋を隣室にしたり工夫をこらすことができます。それによって室内での移動距離を短くすることができ、無駄な動作をはぶくことができます。生活動線に合わせた間取りにすることで、注文住宅を建てた後、使わない部屋ができてしまうというトラブルも防ぐことができます。

注文住宅で収納場所を重視して間取りを決めたい時にも、生活動線を把握していれば、どの部屋に収納場所が必要かが分かります。収納場所が必要ない部屋に設置してしまうと、その分スペースを使ってしまいます。なので、収納場所を作りたい時はどこに必要かを事前に把握しておきましょう。

コンセントに合わせて間取りを決める

意外と失敗しがちなのが、コンセントの配置です。間取りを決める時には、家電をどこに置くか事前に決めておくことで、コンセントをどこに配置しておけばいいかが分かります。コンセントは生活動線にも関わってくるため、家電を多く設置するリビングやキッチンには多めに配置しておくと便利になります。間取りによってはコンセントが必要ない部屋も出てくる可能性がありますが、適当にコンセントをつけたせいで、不必要なコンセントが出てきてしまうこともあります。生活動線を活用することで間取りが決めやすくなり、余分なスペースやコンセントなどを造らずに済みます。

神奈川の注文住宅で、セミオーダー住宅を建設できます。セミオーダー住宅なら予算を抑えることができ、水回りの設備などは自分たちの希望を聞き入れてもらえます。