admin  

注文住宅の収納と動線の決め方について知っておきたいこと


収納スペースはなるべく多く確保しよう

注文住宅の間取りを考える際に、多くの人は部屋の配置や広さを気にしますが、それと同じくらい重要なのがいかにして必要十分な収納スペースを確保するかという点です。収納スペースが十分でないと、部屋の中に物が溢れかえって生活感が丸出しの家になってしまいます。せっかくおしゃれな家を建てたのに、それが台無しなってしまわないように、自分たちが持っている荷物の量を正確に把握したうえで、それらがきちんと仕舞えるだけの収納を設けるようにしましょう。階段下や床下など、使えるスペースはできる限り有効活用するのがポイントです。なお、一般的に荷物の分量は生活をしているうちにどんどん増えていきます。そのため、荷物量の見積りは少し余裕をもって行うようにするのがおすすめです。

なるべく生活動線を短くしよう

住宅の間取りを考えるうえでは、生活動線を意識することも重要です。生活動線というのは、そこに暮らす人々が室内をどのように移動するのかを線状にして表したもので、通常はその長さが短ければ短いほど住みやすい家になるとされています。そのため、いったん間取りを固めたら、そこでの暮らしをイメージして生活動線を描いてみるとよいでしょう。もし、動線上に障害物があったり、必要以上に動線が長くなるようであれば、少し間取りを見直してストレスなく室内を移動できるようにしましょう。何度か間取りを見直して、生活動線を短くできれば、それだけで出来上がった住宅の住みやすさは格段にアップするはずです。

千葉の注文住宅なら、オンリーワンのマイホームを建設することが可能です。間取りやメーカーなど、自分の希望を建設会社に伝えることができます。