admin  

賃貸住宅は家賃で選ぶ?それとも頑丈さで選ぶ?


自分の収入の範囲で選ぶ

賃貸住宅を選ぶ際には、自分の収入の範囲で支払いできる部屋を探す場合が多いです。自分の給料の身の丈を超えた家賃の部屋を選んでしまうと、自分の就業形態になにか不都合があった場合には、家賃が支払えなくなる可能性も出てきます。そうなるくらいであれば、家賃の安い部屋を選んだほうが無難です。ですが、あまりにも家賃が安すぎる部屋を選ぶのも問題があります。もしも周りのアパートやマンションよりも、安い物件がある場合には、何か理由がある可能性が高まります。事故物件等であれば、告知義務があるために入居前に判明することもありますが、入居したい物件に不良入居者がいて、騒音問題などのトラブルを引き起こすような場合には注意が必要です。

騒音が気になるなら頑丈なマンションを選ぶ

賃貸住宅には、木造のアパートや重量鉄骨や鉄筋コンクリート造りのマンションなどがあります。木造の物件のデメリットとして、騒音問題が発生しやすいというところがあります。特に築古の物件では特に注意が必要になります。そのような物件は家賃が安いなどのメリットもありますが、その分周りに気を使う必要も出てきます。そのような心配をしたくないのであれば、騒音に比較的強いマンションを選んだほうがよいかもしれません。鉄筋コンクリートであれば、木造に比べるときしむ音もなく、上下階や隣にあまり気を使う必要がなくなります。ですが、全く騒音が発生しないわけではありません。そして賃貸住宅に住む場合には、そのようなトラブルを起こさないように、隣近所とはなるべく交流を持ち、仲良くしたほうが安心して住むことが出来ます。

網走の賃貸物件も多く存在しますが、間取りや設備の良さで選ぶことはもちろん、周囲の環境が整っていることも大事です。駅からの距離や周辺の治安の良さ、買い物や生活に便利な施設があるかも調べておきましょう。